OGLALAアシスタント日記

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鹿猟へ行く

猟が出来る期間も残すところ後1週間。
(駆除隊の方は、駆除の仕事が猟期以外にもありますが。)
11月15日から始まって、この2月末までの約3ヶ月が猟を出来るシーズンで、猟師さんにとって一年でもっとも大切な期間だという事を今年は、身をもって知る事が出来ました。
とても集中を要する期間で、いつも連絡をとってる方でもなかなか連絡がとれなくなってしまう事だってあるが、それは岡居も同じだから、とても分かるというかなんというか、、、。

私も猟期の間に、一度で良いので山を走ってる鹿が見たい!
ラコタに行った時にオジロジカが走っているのは見たが、あれは保護公園だったし。。。
日本でみんなが追っかけてる野生の鹿が見てみたいなぁ。。。

と、無理を言って、兵庫県の北の方へ連れて行ってもらいました。

「足手まといにならないカナ?」
「今回は、撃つ気ではイカン。鹿を見に行く気で行くから。」

そして、行く場所を事前に念入りに調べ、入る山を研究してくれました。
地元の猟師さんに連絡をとり、色々とアドバイスを頂く事も出来ました。

私は、正直、ピクニック気分で、前夜におにぎりとツナサンド、玉子サンドを作り、みかんにバナナ、、、コロのおやつにチーズと鳥を茹でたものを用意し、当日は4時に起き、ミルクティーを作り、5時に出発。
向こうには、日の出と共に山入りする予定でしたが、交通状況が予定と違った為、30分ほど日の出より過ぎてしまいましたが、何コースも予測を立ててくれたところへ確認をしながら行きました。
d0148073_22502585.jpg

d0148073_23137100.jpg

いざ!入山!
d0148073_22481042.jpg

d0148073_22571376.jpg

山には、他のハンターさんに動物と間違えられないよう、皆、黄色やオレンジ色の服を着ます。
あっ!コロだけ真っ白だった。。。少し黄ばんだ雪の色(笑)
d0148073_22592711.jpg

雪の上を見ると、川の近くは沢山の鹿の足跡!
d0148073_22485484.jpg

面白いくらい足跡があって爪の方向で、「あっ!あっちに向いて行ってるな。」とか、分かって面白かったです。

そして、足跡を見て楽しんでいると、、、。

「んん?この足跡は、、、人?、、イヤ違うなぁ、、、なんだ?」

「熊や!しかも結構デカイ、オス熊や!」

「えっ?こんなところ歩いてるの、、、、しかも、古くないよ、この足跡。」

d0148073_22493179.jpg


怖いぃ〜〜〜。
そうだよなぁ、、、熊だって、山の中ばっかりでなく林道にだって出てくるよなぁ。。

そして、次のコースも沢山の鹿の足跡!

「オッ!オッオッーーー!!」
d0148073_22573350.jpg

少しすると、山から

「ピッ!ピィーーーー!!」

「なっ何?」

「アレは鹿の警戒音」

キャー!!鹿の声が聞けた!
もぉ一度、叫ぶと、又、警戒音が聞けました。

あぁ、、みんなのんびりしてたのに、警戒させて悪かったなぁ。。。

そして、車でもっと奥へ入りました。
d0148073_2253441.jpg

途中、変な植物の大群が車を通させまいと、道を覆いかぶさって、見事に車体が傷だらけに(笑)
d0148073_2256204.jpg

d0148073_22541987.jpg

d0148073_22563127.jpg

コロは車で留守番をさせ、二人で山へ入りました。
山へ入る前、

「あっ!トランクの棒、持って行きや。」

カメラをぶらさげて、手には棍棒を持つ私。。。
何かあったら、撃ってくれると思うけど、私が一対一で闘えるアイテムは、この棍棒だけか、、、と、イノシシが来た時に殴る練習を一人でしてました。

「あぁ、、、絶対、、負けそう。。。イヤ、でも、なんか勝てそうな気もするな。蹴ったらどうなんだろ、勝てるかも。」

と、なんで、自信があるのか分からないけど、そんな事を考えてました。

今回は獣道の道なき道は行かず、舗装された林道を登山しましたが、雪山の登山は時間を忘れさせてくれた。
私は、木と木の間から見える岩が鹿に見えてしまったり、川の岩が鹿に見えたり、と、鹿ではないのに「鹿?」と、思う事が多かった。
d0148073_22515320.jpg


「鹿はぁーいないかぁ??」

という思いだけで、一足一足、雪の上を歩いてました。
私は、5メートルほど離れて歩いてました。

ピタッ!岡居が止まったかと思うと。

「ドォーーーーーーン!!!!!!」

「ドォーーーーーーーーーン!!!!!!!!」

二発撃ちました。
凄い大きな音でビックリしました。

私は、分からなかったのですが、75メートルほど先に鹿が2頭、こっちを向いていたそうです!

悔しそうな岡居、、、呆然としています。
d0148073_22572323.jpg

そして、落ち込みながらも、
「何故、当たらなかったのか。」と、自分が撃った場所から鹿がいた場所まで、何歩あるか歩いて数え、何メートルあったか、そして、鹿がどんな場所へ逃げたか足跡を見て確認し、弾が鹿から何センチそれたか、そして風向きなどを、入念に確認していました。

その後も、自分の何が悪かったのか、帰ってからも何日もずぅーーーと考えてました。
答えは出たようです。
それがカバー出来るよう、また、頑張るみたいです。

車へ帰る途中、こんなに山の奥まで歩いて来てたんだ。と、なかなか車の置いてるところに到着しないので、だんだんと不安になる。

そう、さっき見た、熊の足跡。
もし、車の周りを熊がグルグルとコロを見て、、、熊がガラスを叩き割って、コロに何かあったらどうしよう。。。
割らないにしても、コロを襲おうとしてたらどうしよう。。。
熊からしたら、若くて美味しそうに見えるかもしれない。
急に不安な気持ちがわき上がる。

そんな、悪い予感も関係なく、コロは無事に車の中で、置いていかれた事を怒った目でこっちを見てました。

良かったぁ。。。

今回、結果的には鹿は見れなかったけど、鹿の警戒音、そして、撃った時の音を聞けて良かった。
そして、今回初めて、猟をしている姿を見る事が出来たが、ビーズや鞣しをしている時の顔と、全く何も代わらず同じ顔でした。

もしかすると「普段と全く違う顔でした!」と、書く方が良いかもしれませんが、本当に普段と同じでしたので(笑)

今回、弾がはずれて、目の前で鹿が撃たれるところを見なくて良かった。。。という気持ちもあったり、
獲れた時に山での解体は、手際の分からない私は、見てるだけでアシストも出来ず、きっと足でまといなんだろなぁ。。。と、ちょっと逃げ腰な気持ちもあり。
仕事に使う鹿革の為に、練習をしたり、毎晩、寝る前やお風呂の中にまで英書から狩猟関係の本を持ち込み、研究したりしている姿を見ているので、一頭は獲って、鹿の皮を手に入れさせたかった。と、複雑に色んな気持ちが出た日でした。

本人は、獲れなかった事は落ちこんでいましたが、今回の猟は、とても楽しかったようです。
[PR]
by porcu | 2009-02-20 23:17

a lot of 写真

今朝、目が覚めると、鼻がムズムズ、、、口の中が痒い。

ん?

花粉症?

くしゃみも出始めました。去年治ったので、今年は出ないだろう!と思っていたのでうすが。

義母よりティシュを頂いていたので、こんな時期から花粉が出始めているとなると、かなり貴重なティシュになりそうです。
d0148073_1975132.jpg

今日は春のように天気が良く、今月で猟期も終わりになるので、できれば「猟期が終わるまでに一回は、射場に行きたい。」と言っていた岡居。
調整とか色々とあるみたいです。
射場のオーナーさんに電話すると「今日は、良い日だから是非いらして下さい!!」と言われ、急いで出掛けて行きました。

↓猟期に入って3キロ痩せてしまいました。
d0148073_1991430.jpg

私は、工房に留守番なので、どんな事したのか詳しくは分からないのですが、なかなか難しかったそうです。

出掛ける時に、「鞄かしてなぁ〜」と、バーヴァーのカートリッジバックを持って行きました。カートリッジというのは、散弾の弾の事なので、それを運ぶバックでカートリッジバックです。
本当の用途に使われる事になるなんて、この鞄を買った時は考えてなかったなぁ、、、(笑)
d0148073_1992436.jpg


先週、椎茸の原木を切りに行き、今週は、菌を打ち付け、水に半日漬けました。
菌打ちは椎茸50本。
おじさんは、それに加え、「なめこ」と「まいたけ」に、初チャレンジします。
上手く育つといいなぁ。
d0148073_19112321.jpg

水に漬けた原木は、とても重くなっています。
d0148073_19113886.jpg

堀につけた木を引き上げて、運ぶ。の繰り返しです。
意外と早くに作業が終わってよかったです。
d0148073_1911483.jpg

「私も運ぶ!」って言うと、おじさんが「そんなん重いから、せんでええ。手も濡れる」って言われたので、せっかくなので写真を撮りました。
d0148073_19121085.jpg

今度はカヤをかけて少し休ませるようです。
d0148073_19122288.jpg

美味しい椎茸が出来たら嬉しいな。
美味しい椎茸が出来たら、みんなに食べてもらおう!!

岡居は、鞣しや農作業用に、色々と長靴を使い分けてて、中でも、やっぱり「ミツウマ」というメーカーの長靴が最高らしい。
そんなミツウマから、乗馬ブーツが出てるのです。

↓林業用のミツウマ長靴。誇らしげに馬が光ってる。
d0148073_19123269.jpg

実は、前から乗馬ブーツが欲しくて、買う気満々でエイグルの乗馬ブーツを試着した事がありました。

しかし!なんと!足が太くて、試着中にふくろはぎが「つった」のです!(泣)
とても痛く、自分で脱げず、、、店員さんに引っ張ってもらいました。。トホホ。

そして、ダイエットを少しして、(→少しってところがダメだったのかも。)
再チャレンジしたのですが、前回よりも良い感じで筒にふくろはぎが入ったのですが、、、案の定、ふくろはぎの筋がピキーーーーッとつり、、、アイタタタッという状況になってしまったので、エイグルの乗馬ブーツは半ば諦めていました。

そんな事があったので、私にゃぁ、乗馬ブーツは、、、と思っていたのですが、
長靴マニアの岡居に強引に買わされた、ミツウマの乗馬ブーツが、かなり良いです!
筒の入り口が広いからか、履きやすく、そして、何故かぁ〜足が細く見えてるかもしれません!早く履いてどこかへ行きたいなぁ。
d0148073_19125410.jpg

でも、気候はすでに春になってきてる、、、。
d0148073_19163560.jpg

この前、散歩中、女子大生に
「カワイイ!カワイイ!めっちゃカワイイ!!チンチラですかぁ?」
と、言われたコロ、、、種類が違う、、、、(笑)
d0148073_19131197.jpg

d0148073_19132266.jpg

[PR]
by porcu | 2009-02-14 19:26

椎茸の旅〜その1〜

親戚のおじさんが椎茸の原木を切るという事で、お手伝い&原木を分けてもらう為、山に行きました!
鬱蒼としげる山に、おじさんと岡居は入って行きます。
d0148073_11234251.jpg

d0148073_11233276.jpg

d0148073_11231562.jpg

こんな山には、スパイク付きの長靴が大活躍!
長靴マニアの岡居は、猟で愛用のミツウマスパイクの長靴を選択!
d0148073_11302644.jpg

山から切り落とした木を担いで私のところに持ってきます。
「シバにしぃ」
ほんと、、、木が近づいてくる、、、、。
d0148073_11262274.jpg

昔話にある『おばあさんはシバ狩りに、、、』のシバです。
おばあちゃん宅はお風呂を炊く時に火を起こすので、その時に使う「シバ」を作ります。
ポキポキ、、、初めてナタを使いました。
なんでも使ってみるものです。とっても難しかったぁ!
d0148073_11272980.jpg

d0148073_11313051.jpg

山の上でチェーンソウが鳴り響く、、、心配そうに見つめるコロ。
d0148073_1128341.jpg

う〜ん。私も登ってみたいなぁ。。。道なき道って行った事ないし。
丁度、岡居が降りて来た時に、「私も登ったらアカン?」「えーよ。ただ、気をつけて登れよ。後、木が倒れてくるところと、おじさんの位置を確認しながら登れよ。ほんまに危ないから。」「了〜〜〜解!」
道なき道を登る。途中ヤブにひっかかり、とても痛かった。
ハイキングは嫌いだけど、この道なき道を登るのは楽しいな。
こんなところを猟の時は1時間登るらしいです。途中、ガケがあったりするそうです。まぁ、、、道じゃないところを登ってるんだもんなぁ。
上まで登って、おじさんの切った木を下に落とす係をさせてもらった。
落とす位置も、下にいるおばさんとコロのいないところへ落とす。途中、あたり前だけど、たくさんの木が生い茂っているので、上手くコースを見つけて木を落とす。

私は「手伝い」という立場だから、「今日の作業も楽しかったなぁ」と思えるが、実際に山や田畑を任せれると、それは、もぉ、本当に大変な事だと思う。
一日だけじゃなく、それが日常だもんなぁ。。。
d0148073_11282779.jpg

そんなこんなで、暖かくなり始め、木の芽が出始めているので、又、来週早々に、木の切り出しと、原木に椎茸菌の打ち込みをしまぁーす!
その日まで、又、仕事、頑張るぞー!!
[PR]
by porcu | 2009-02-07 11:36 | 椎茸

Indian Beadworks、OGLALA(オグララ)アシスタント日記。ホームページ(OGLALA-WEB SITE)、作業日誌へは下のリンクからお越し下さい。
by porcu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

リンク

フォロー中のブログ

画像一覧

イラスト:まるめな