OGLALAアシスタント日記

カテゴリ:ニカワ( 3 )

ニカワ2

先週、ニカワを冷やす段階までいったのですが、、、、結果は、、、、失敗でした↓
d0148073_21482011.jpg

一晩冷やして、スライムみたいになったら鍋からめくって、切って、また冷やして、、、
という順番で作業をするのですが、スライムみたいにはなってましたが、水がまだ残っていのか、めくるとボロボロになってしまいまいました。
多分、4〜8時間煮ないといけないのに、4時間で煮込みを切り上げてしまったのが、失敗の原因だったと思います。
もぅ一回チャレンジしようかと思いましたが、この一週間で、気候が穏やかになってしまい8時間もストーブをつけるなんて出来ませんでした。。。。
今年の冬にリベンジします!!
今回の作業の収穫としては、65度くらいの温度を一定に保つ方法が出来たことでしょうか。
でも、なんか悔しいー!!

話は代わりまして、OGLALAのホームページの作成をしているのですが、まだまだ未完成で見て頂ける段階ではないのですが、アドレス発表します!
oglala-japan.com」です。
今から、少しづつ代わっていきます!
よろしくお願いします!
d0148073_21485770.jpg

ホームページ制作に、DREAM WEAVERを使いました。
どこかの教室に行ったりしたら良かったのかもしれないのですが、先生はこの本だけで、、、、初めは何の事を言っているのか意味が分かりませんでした。
多分、教えて貰ったら、一言だと思う事に理解するのに何日もかかってしまう事も多々あります。
今から思うと、HP作成ソフトとかの写真だけを入れていくのにすれば良かったのかもしれませんが、出来れば一から作りたかったので、DREAM WEAVERを選びました。
DREAM WEAVERを使いこなすまでは出来てませんが、先生(本)と共に頑張ります!
先生、私のお供に疲れたのか、もぉ〜ボロボロです(笑)
ページが外れて、ちょっと可哀想です。。。。

「先生!セロテープさんを呼んで治してもらうので、出来の悪い私ですが、どうぞ、これからも、ご指導のほど宜しくお願いします!!」
[PR]
by porcu | 2008-03-16 21:53 | ニカワ

ニカワ

ニカワ作りの本を訳していると、どうやら、4〜8時間煮ないといけない。
最近、暖かくなってきて、ストーブの使用率も低くなってきたので、早くしないといけない!!と、いう事になり、早速、にかわ作りを始めました。

乾燥した革を一晩水に浸す。
d0148073_19204289.jpg


翌朝見ると、ふやけて、元の白色に戻ってました。
それを、土鍋の湯煎の中に入れて煮ます。
d0148073_19504247.jpg
(コロを乗せているからか?、、、、内股ぎみ?笑)
d0148073_19245456.jpg



d0148073_19304589.jpg
温度計を固定。。。。譜面台で(笑)
d0148073_19263625.jpg


華氏150度まで温度を上げます。摂氏でいうと65度。

温度がどんどん上がります。
d0148073_19241397.jpg

d0148073_19232597.jpg

d0148073_19243026.jpg


64度まで上がるが、ここから、ピッタリ65度に温度を保たせるのは難しいので、安定してる64度で我慢しました。
どうなってるかチョコチョコと確認してると、本当に少〜しづつ、皮からニカワのエキスが出て、少しとろみが出てきました。
水がだんだんと薄い茶色になってきました。

64度で4時間煮た後、ガーゼで、余分な物をこします。
d0148073_19334162.jpg


こした後、すぐに、涼しいところで冷やします。

皮は?というと、、、、ニカワのエキスが出て白くフニャフニャになってました。
d0148073_19371961.jpg


ニカワは?、、、、1時間後見てみると、粘着性のある物が底で固まってます。
d0148073_19362495.jpg


そして、一晩冷やします。
ここからは、また次回に書きますね!

ニカワ作りをしてて、まず、翻訳しながら、
「なぜ?ニカワを作る?もったいないから、という事だけど、作ってどうする?」
作りながら、
「大変だ。。。接着剤って、てぇ〜へんだ。。。。ここまでしてどーする?」
そんな、根本的な事を考えながらしてますが、次にどうなるのか分からないので、楽しいです(笑)
[PR]
by porcu | 2008-03-08 19:54 | ニカワ

Hide Glue

鹿の鞣しをしていると、手足の端を切り取らないといけない。
「切り取った皮を、もったいないのでニカワにして欲しい」と、言われました。
もったいないと、いう事の他に、もしかすると、接着剤が手に入らない時代が来るかもしれない。そんな時にも困らないで制作出来るように、、、と、いう意味もあるのでしょうか?
実際、以前はアメリカから革を取り寄せていましたが、岡居が「いつか革の輸入が難しい時期が来る」と、言って、皮鞣しをはじめました。
色んな事が重なって、本当に鞣しをはじめるタイミングを掴む事が出来たのですが、実際、最近では、本当に革を輸入するのが、難しくなってきたそうです。。。。。

話は戻りまして、ニカワとは、動物のコラーゲンで出来た接着剤で、化学接着剤がでる前に使用されていたとか。今でもヴァイオリンの修理にもニカワは使われているが、このニカワは植物性のものもあるらしいです。
ネットで調べるが、ニカワを原皮から、、、という情報が日本語サイトではみつからない。

岡居より、「鞣しの英書の中に、原皮から作り方を紹介している。」と教えてもらう。
アシスタント入江、只今、英語勉強中。
スラスラなんて読めません。
単語の壁にぶつかりまくりです。
ネットとは、便利なもので、「翻訳ソフト」なんていう強い(?)味方がいらっしゃる。
ある意味、ドラエモンの「ほんやくコンニャク」でしょうか(笑)
と、いう事は、ネットとは、ドラエモンなのだろうかーーー!!
(そんなの、どーでもいいですね!   反省    )
と、いう事で、何度か使って、どういう結果になるかだいたいは知っているが、翻訳ソフトを使ってみる。
d0148073_1939228.jpg

文章が凄いですね(笑)
熟語と、作者どくとくの言い回しに弱いみたいです。

岡居が簡単に訳すと、「切れ端を使ってニカワを作りましょう。」
だそうです。ぜんぜん違う〜〜〜〜(笑)

私も翻訳ソフトには頼らず、一から翻訳頑張ります(笑)
一気には訳せないので、一日、一日、頑張ってみます!
[PR]
by porcu | 2008-02-17 19:58 | ニカワ

Indian Beadworks、OGLALA(オグララ)アシスタント日記。ホームページ(OGLALA-WEB SITE)、作業日誌へは下のリンクからお越し下さい。
by porcu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

フォロー中のブログ

画像一覧

イラスト:まるめな